忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/22

12/20 六花の神殿にて

六花の神殿で修練をしていたところ、パルティータさんが訪れて少し話をした。


 パルティータさんは魔法で寒さを凌いでおり、というか凌いでいるという形容詞は相応しくない。それこそ、パルティータさんの周囲だけは常に一定の気温に保たれているといった感じだ。
彼女が杖を一振りすると(これは単なるポーズで魔法の発動とは関係ないらしいが)、俺の手の回りの空気が暖かくなり、此れを常に自分の周囲で行っているのだろうと。

でも、だからと言って年中同じ季節感で居るのはなんとも「見ている方が寒そう」という言葉がピッタリで、長生きのし過ぎで季節というものにも飽きてしまったのかなあ、なんて思うことだった。
(着飾って歩くような歳でもないなんて言っていたが)

そんなパルティータさんへ季節感というものを身に沁みさせてやろうと、この寒さにも関わらず露わな首筋に冷たい手アタックを成功させたのだが……
さすがは着飾って歩くような歳でもないだけあり。
もーっ! という可愛い鳴き声どころか、ゴゴゴゴと怨嗟渦巻く氷の宴の音が響いたのだった。


 パルティータさんは氷を扱う魔法というよりも、物質を変性させる魔法を使うとのことだった。
要は水を氷や水蒸気に変えてしまえるということなのだけれど、それだけでなく同じ素から出来ているものであれば全く別物にすることも出来てしまうようだ。
実際、パルティータさんが俺に冷たい手アタックを返してきたときの手には水よりも何倍も冷たい液体を作っていた。

これはえーと……何と言えば良いのか、人間を水とお肉と骨とかに分解しちゃって、それを素に犬を作るみたいなとんでもない魔法だ。(さすがに此処まで精緻なことは出来ないとは思う。パンをクッキーにするくらいか?いい例えが浮かばない)
しかしそれは、錬金術と言っても過言ではないほどの術であることは間違いない。

パルティータさんの故郷では割りと普通の魔法なのか、凄いだろうという気配は無かったものの、俺は内心非常に驚いていたことだ。


 その後は、ペア探しについての話をした。
パートナーに求める条件。パルティータさんはまだ誰とペアを組むべきか、実際に組めるものなのかと少し悩んでいるようだったが、俺は俺の求めるものをアピールした。

もしかすれば、パルティータさんが"その気"になってくれるかも知れないと思ったからだ、実力的には恐らく申し分ないどころか、そこを見れば此方から頭を下げても間に合うか分からない。

しかし渾身アピールした(つもりの)俺に返って来たのは「凄いなあ、私とは違うけど」というような眼だった。
違うけれど面白そうだ。久しぶりに熱くなってみるのも悪くないかも知れない。
そういう風なものが見えればと思ったが、俺にそこまでの力は無かった。

決してパルティータさんにそういったものが全くないとも思わない(大会に参加する中で、というのはあるだろう)が、1度2度言葉を交わした程度でそれを喚起させるだけのものを俺は見せられなかった。

とまあ、要はフラれてしまった訳で、この仕返しは組んでいれば良かったと思わせることで果たしたいと思う。
(しかしこの後、信じて送り出したパルティータさんがおばあさまとラブラブキリングマシーンになっていたなんて(適当)になるとは、この時の俺は思いもしなかったのだった)




お相手頂いたキャラクター… パルティータ

拍手

PR

2014/01/14 ユベルティ Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

カレンダー
 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
 
プロフィール
 
HN:
都一郎P
性別:
非公開
自己紹介:
PはPLのP、プロデューサーのP。
カタルシス信者。キャラに苦難?ご褒美です。
キャラに属性やキーワードを持たせる事が下手、発想が貧困、皆様のネタで生かされています。
 
 
最新記事
 
(04/01)
(07/05)
(07/01)
(12/18)
(11/08)
 
 
カテゴリー
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
最新コメント
 
[07/05 マッハ竜人PL]
[04/08 都一郎P]
[04/03 アイニィのなんか]
[04/02 またたたたび]
[04/02 吸血鬼(もどき)]
 
 
アーカイブ
 
 
 
リンク
 
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
アクセス解析