忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/22

12/14 賭場『Blackhawk』、路地裏の巨大壁にて

賭場で"Showdown"のペア相手探しのための機会があった。
店を借り切っただけのものではあったが、参加者は幾らか居た。

そのときにサリアさんが姿を見せていたのが気になって、店を出た後で声を掛けた。


 俺は正義に燃えるサリアさんが賭場に来ていた理由を知りたかった。(だからカードも渡した)
自警団を、猛虎隊を辞め独自の活動をしているというが正義を目指す気持ちに変わりがないはずだ。

そんなサリアさんが大会に興味を持った理由……あるいは賞金首達が姿を表わす機会と捉え、監視などのチャンスを狙っているのだろうか?


 サリアさんの答えとしては「それもある」だった。
大会への参加も考えており、その目的は大会に出場した犯罪者を正面から打ち破り、滅すること。
そして優勝をすることで悪に対し威圧すること。

ペティットに、裏側の太陽にサリアありと知らしめる。
目的は苛烈だが正々堂々、悪を決して許さず、誅し滅する様はひょっとすると炎の剣を持つ天使のようであるかも知れない


 だが、それは異端だ。
強すぎる光もまた受け容れられないことがある、自警団では、猛虎隊でも、成し得ないとサリアさん自身が感じたように。

彼女はアウトローであり続けている。
それは敢えて、自覚して行っていることでもあるが、正を志すものが本当にアウトロー(外)で居たいと思うだろうか。


 俺にも共感できる部分がある。
この大会の内だけでもサリアさんをアウトローでなく、正道に引き揚げることが出来るならば、きっと優勝を狙えるような力が生み出せると思った。

だが、だからと言って、犯罪者と云えども必ずその生命ごと滅するというのには納得出来ないものがある。
サリアさんは戦いの中で自分を止めて見せろと言う、強い者が正義なのだ、だから強くあろうとする。

しかし、それは不確実で、ともすれば戦闘中に致命的な隙を晒す恐れもある。
一定の答えを出せない内は、危険を孕んだまま試合を行わなければいけない。


 とまれ、サリアさんには以前から取り組んでいる案件もあるようで、大会へ参加する可能性は低いようだったので、ペア探しを止めるわけにも行かないようだ。





お相手頂いたキャラクター… サリア

拍手

PR

2013/12/21 ユベルティ Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

カレンダー
 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
 
プロフィール
 
HN:
都一郎P
性別:
非公開
自己紹介:
PはPLのP、プロデューサーのP。
カタルシス信者。キャラに苦難?ご褒美です。
キャラに属性やキーワードを持たせる事が下手、発想が貧困、皆様のネタで生かされています。
 
 
最新記事
 
(04/01)
(07/05)
(07/01)
(12/18)
(11/08)
 
 
カテゴリー
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
最新コメント
 
[07/05 マッハ竜人PL]
[04/08 都一郎P]
[04/03 アイニィのなんか]
[04/02 またたたたび]
[04/02 吸血鬼(もどき)]
 
 
アーカイブ
 
 
 
リンク
 
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
アクセス解析