忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/22

1/29 VSMarchen

つらい、戦いだった。

外見は炎を酸で焼かれたが、精神的には胃を火炙りにでもされているかと思ったほどだ。
正直なところ、二度とは戦いたくないタイプなのだ、この2人は。(一度も戦いたくなかったが)

恐らく割りにあっさりセシルアにカードが渡ったという噂も、2人揃っていなかったからに違いない。
無茶苦茶なんだ、もう、ドロドロだ。

そして必然、こうなってしまう。
彼女等にあるものと俺達にあるものは全然違うもので、それらは互いに代わりにはなれない。

戦士を相手にすれば、剣を折れば良い。
だが、それでは駄目なのだ。けれどルードローズに言ったように、俺には彼女等と同じものはない。
だからその代わりを俺の中から出さなければいけない。


 それには時間が掛かった、とても。
俺はギリギリまで、表っ面で戦おうとしていたからだ。
戦士として立ち向かい、意思によって突き進み、希望によって切り拓こうとした。

それでは駄目なときだってあるのにも関わらず。
そのせいでロゼッタさんは、とんでもなく酷い怪我を負い、三角獣は、マリアさんに"喰われ"てしまった。

これらの力が、本当に俺の本心から出ていたのなら、また違った選択、違った結果だったのかも知れない。
若しくは、俺がもっともっと強ければ、上っ面を剥がされることだって無かったのかも知れない。
けれどそうでなかったから、この結末を招いてしまったのだろう。

 俺は……。
俺の魔法は、自分が良ければそれでいいという願いの現れだと認めさせられた。
分かっては居た、自覚していた、けれどそれをこんなにも感じることになるなんて、思っても見なかった。
選択が、結果が示していた。
責められているように感じた。(恐らくそうではないのだが、俺は怖かった)

けれどそれを認めなければ、このとき、俺は自分の決断の責任を取れなかっただろう。

俺の決断は…。
俺はこの決断を、後悔せずに居られるだろうか。




お相手頂いたキャラクター… ロゼッタ マリア ルードローズ リウ ラゼット ルイン

拍手

PR

2014/04/30 ユベルティ Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

カレンダー
 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
 
プロフィール
 
HN:
都一郎P
性別:
非公開
自己紹介:
PはPLのP、プロデューサーのP。
カタルシス信者。キャラに苦難?ご褒美です。
キャラに属性やキーワードを持たせる事が下手、発想が貧困、皆様のネタで生かされています。
 
 
最新記事
 
(04/01)
(07/05)
(07/01)
(12/18)
(11/08)
 
 
カテゴリー
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
最新コメント
 
[07/05 マッハ竜人PL]
[04/08 都一郎P]
[04/03 アイニィのなんか]
[04/02 またたたたび]
[04/02 吸血鬼(もどき)]
 
 
アーカイブ
 
 
 
リンク
 
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
アクセス解析