忍者ブログ

11/15 続・学院図書館にて

 今日は酷い雨だったので、昨日に続いて調べ物をしていた。
郊外で人が襲われる危険はあったが、この雨では出歩く者も少ないだろう。
見て回るには効率が悪すぎる日、調査の方が有効と考える。

そこでライターの人(名前なんだっけ?)と話した折、「ダァリン」こと「ナイトハンター」の棲む地方の伝承、民俗について調べてみてはと聞いた。

魔物図鑑には大した情報が載っていなかったので、新たな取っ掛かりになるかも知れない。
だが、これは図鑑を捲るより時間が掛かりそうで、明日以降にやるしかなかった。

 目的、魔物の正体、少女の背格好、香り…情報が出揃ってきた、自警団にも報告して良い頃合だろう。
(ただ、オレンジの花の香りの少女が居たら職務質問してくれる、という何とも言えない協力となるのは分かっているが…仕方がない。)

それに、あまり大っぴらにしても他所に逃げる日が早まるだけだ。
街を出る前の獲物を探している今が、最後のチャンスなのだが……。


 サヤとは、ヤサの話をして、サヤがフランソワさんから受けた依頼の話をして…「ナイトハンター」の件に手を貸してくれるように頼んだ。

いや、頼んだ「つもり」だったのか。

 結果として、サヤを「仕事仲間」としても「雇い主」としても口説き落とすことが出来なかった。
サヤの「自由意志」を動かすことが出来なかった理由が、分からなかったからだろう。

 推測ではあるが、サヤは仕事の内容を一切問わなかったこともあり
・サヤでなければならない理由を納得させる
・ただ単に助けを求める
どちらかでも行っていれば、きっと協力してくれたのではないかと思う。


 俺はそのことに気付かず(気付かない中では必死にやった)、最後に与えられたチャンスもふいにした。
拘りを見せ、熱心に口説く事も出来なければ、ヤサのように純粋に助けを求める事もしなかった。


女の口説き方も知らないだって、言い得て妙だ。
既視感だ、こんなことは。
俺はつまらない男になったかも知れないが、こういう事は、もう間違わなくなったと、思い込んでいた。
けど、そうではなくて、あの時と同じような失敗を、未だに繰り返している。
近づくのが怖いわけだ、通りで。
………
……

あの日も、こんな季節だった。





お相手頂いたキャラクター… 小夜 桃色のメイド ライン

拍手

PR

2011/11/16 ユベルティ Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 
 
プロフィール
 
HN:
都一郎P
性別:
非公開
自己紹介:
PはPLのP、プロデューサーのP。
カタルシス信者。キャラに苦難?ご褒美です。
キャラに属性やキーワードを持たせる事が下手、発想が貧困、皆様のネタで生かされています。
 
 
最新記事
 
(04/01)
(07/05)
(07/01)
(12/18)
(11/08)
 
 
カテゴリー
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
最新コメント
 
[07/05 マッハ竜人PL]
[04/08 都一郎P]
[04/03 アイニィのなんか]
[04/02 またたたたび]
[04/02 吸血鬼(もどき)]
 
 
アーカイブ
 
 
 
リンク
 
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
アクセス解析