忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/09/20

11/13 路地裏にて


 ベリアの脚を暫く使い物にならなくした相手と、路地裏で遭遇した。
そのときは、えーと、色々と凄い人と戦闘していた。


ライオンを模した仮面、黒いワンピース…オレンジの花の香りの、まだ小さい女の子のようであった。

その子と、ベリアからの情報にあったとおり、大きなスライム状のようにも見える…黒い陰。

=======
(黒い陰「ダァリン」について)

普段、彼女の影の中に居るのか、地面から湧き出すように姿を見せる。
(影の中に出たり入ったり出来るのか、捕らえる事は難しいようだ。網や、粘性の液体を掛けられても平気だった。)

 影は人よりも大きく広がることが出来、人を包み込んで圧する事が出来るようだ。
それも、体の一部を重点的に狙って。
「色々と凄い人」も呑み込まれていたけれど、その、色々と凄くて、無事だったようだ。

 感覚は獣のように鋭敏、全身に眼があるように。
動きも素早く、獲物を攻撃する他、少女を守る。(投げナイフに反応しなかったのは気付かなかったのか?危険度を見ているのか?)

 効いているかどうかで言えば、効いていないのだが、剣が貫通していた。
強い衝撃は逃がすように出来ているのかも知れない。

=======

使役しているというより、連れ歩いている賢い犬か何かのよう。
少女はその陰を「ダァリン」と呼び、生かし、殖やす為に人を喰わせているという。

人を喰わせれば、どうなるのかは分かっているよう。
「いなくなっても困らない」人間を狙い、暗闇の内に消す。
暗殺と同じ方法で、食べるための狩りをする。

その理由は「ダァリンを愛しているから」。
そんな事があるのか? 魔物を愛し、その為に人を襲わせるなどと。
ただ、言って聞くようではない。

力ずくで止めるならば、「ダァリン」を攻略するしかないだろうか。



 色々と凄い人が呑み込まれるのを防ぎ、二つの死体が食べられてしまうのを防いだと書けば見栄えは良い。

だが、その実はハッタリを利かし、つまらない男と見せてその場を凌いだだけ。
食欲を満たせなかった「ダァリン」は新たに人の命を求めるだろう。


 以前の自分なら、こんな行動を取っただろうか?
そう考えると、自分の変化を感じるが………
果たして、ごくつまらない男になってしまったのかも知れない。
それでも良いと、思うこともあった。けれど―


新たに二人の命が奪われる危険を冒してまで得た僅かな時間、無駄には出来ない。




お相手頂いたキャラクター… ワンピースの少女 マリー

拍手

PR

2011/11/15 ユベルティ Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 
 
プロフィール
 
HN:
都一郎P
性別:
非公開
自己紹介:
PはPLのP、プロデューサーのP。
カタルシス信者。キャラに苦難?ご褒美です。
キャラに属性やキーワードを持たせる事が下手、発想が貧困、皆様のネタで生かされています。
 
 
最新記事
 
(07/05)
(04/01)
(01/16)
(01/16)
(04/01)
 
 
カテゴリー
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
最新コメント
 
[07/05 マッハ竜人PL]
[04/08 都一郎P]
[04/03 アイニィのなんか]
[04/02 またたたたび]
[04/02 吸血鬼(もどき)]
 
 
アーカイブ
 
 
 
リンク
 
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
アクセス解析