忍者ブログ

10/08 本城家にて

 日中、教会にてヤサの事を調べると、先日サヤが此処を訪れていた事がわかった。(ぶたれそうになったと言うシスター、何があったのだろうか)
武器に祝福を授かり、聖水を得たサヤ。
「呪いの館」と呼ばれる場所に踏み込もうとするだろうとは、直ぐに予想が付いて。
相変わらず傷の状態は思わしくなかったけれど、お守り代わりに聖水を一瓶頂いて「呪いの館」こと、本城康弘氏の屋敷へと向かった。


 ちょうど、サヤが屋敷の門を破ろうとしているところに出くわし、共に探索することとなった。

お屋敷には落とし穴などのブービートラップが仕掛けられていたり、所々、侵入者を脅かそうとしてくる(鍋が落ちてくるなど)などの悪戯が仕掛けられていた。
―この間、通りかかったヨハネと合流したり、サヤに借りを作ったりしたが。


 サヤは訓練されたような行動力と速さを持っている。
目的意識の高さと迷いの無さも俺に無いところだろうか。
そしてお互いの中に慎重さと大胆さを見るからこそ、結果として自分の慎重さと大胆さを引き出せるかのようだ。

馴れ合う気はないというサヤ。
俺は今までどおり、好き勝手にすると伝えると、拒みはしなかった。
それで十分だ。


 ヨハネは通りかかっただけだったようだが、協力してくれた。
俺は、彼がクラスとしてのシーフに適していると考える。
ヨハネは未だそのつもりは無いようだが、悪戯や盗みで鍛えた身軽さや手先の器用さは、きっと冒険者として活躍するにも役に立つはずだ。

知らぬ間になったという賞金首、知らないところで人の恨みを買っているというのは危険なことだ。
そして、知らないどころか恨みも無い人から狙われる事になる。

俺はヨハネと、(もしかすると俺の知り合いにあたる)冒険者や賞金稼ぎが戦うなんてことは起こって欲しくない。

ヨハネは捕まらなければ大丈夫と考えているのだろうか、「振り落とされたら冒険者として」…彼の中の何が、今の立場に留まらせるのだろうか。



 数々の悪戯と脅かしを越えて屋敷の中を進み、ヤサのものと思われる子供部屋で、悪霊の憑いた人形を破壊する事が出来た。

結果だけ言えばこの人形そのものであった悪霊とやらは、ただの悪戯好きの子供の幽霊であったのかも知れない。

ともすれば。橋渡しの出来る者が居たならば、或いは解決を急いだり、悪戯の不気味さに焦らなければ。
この悪霊と呼ばれたものは、ヤサの良き遊び相手に成り得たかも知れない。

 しかし、「向こう」というものがあるとするならば、この霊もそっちで遊び相手を見付ける事が出来るだろうか。
それは家に帰り着いたヤサかも知れないし、他の誰かかも知れない。

ともあれ、「ヤサを一刻も早く家へ帰してやる」という目的は、一先ず達成されただろうか。



とりあえず、「呪い」を「祝い」に書き換えなくては夜も眠れない。



お相手頂いたキャラクター… 小夜 呪いの館 ヨハネ

非常に楽しかったです。イベントマスター様、有難う御座いました!

拍手

PR

2011/10/09 ユベルティ Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 
 
プロフィール
 
HN:
都一郎P
性別:
非公開
自己紹介:
PはPLのP、プロデューサーのP。
カタルシス信者。キャラに苦難?ご褒美です。
キャラに属性やキーワードを持たせる事が下手、発想が貧困、皆様のネタで生かされています。
 
 
最新記事
 
(04/01)
(07/05)
(07/01)
(12/18)
(11/08)
 
 
カテゴリー
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
最新コメント
 
[07/05 マッハ竜人PL]
[04/08 都一郎P]
[04/03 アイニィのなんか]
[04/02 またたたたび]
[04/02 吸血鬼(もどき)]
 
 
アーカイブ
 
 
 
リンク
 
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
アクセス解析