忍者ブログ

3/24 海辺にて

海辺で、亜人狩りを行っているという男に出会った。
身なりはある程度整っていて、背格好も、顔つきも、特徴と言えるようなものは無い。
黙っているところを人混みに紛れさせれば、見つけるのが困難な程…だが、一度口を開かせれば、その「普通さ」が、却って異様だった。

亜人を、バラバラにして、海に持っていかれてしまったらしい。

勿論戦闘となった。
証拠と言う程のものは無かったが、確信はあったから先に攻撃を仕掛けた。

だが男は武器を召喚する力を持ち、類稀な…と言うには異質な身体能力を持っていた。
それは「人であって人で非ざる」と形容すべき異質さ。
人に化けた魔物と言われれば信じてしまうような……。


一人では…敵わなかった。敵わないと本能的に悟ってしまいそうだった。
背に刃物を突きつけられて、勇気も希望も、意志も意地も覚悟も…何も無かった。

ただその場を切り抜ける為に嘘を吐いた。去りゆく背を見送った。
放っておけば、被害が増えるだろうと、分かっているのに。
自分の命、大事さに……。

戦士としてどうしようもなく、二度と(一度もなったことは無いが)英雄にはなれないだろうと思った。

 普段やっているような「まだその時ではない」とか、そういうのとは違う。「今」「ここで」倒しておくべき相手だったのに。
他人の為に命を賭けようとも、卑劣さを呑み込んで目的を遂げるようともしなかった。

心底、自分に落胆した。

極限状態では、その者の本当の人間性が出るとはよく言われる事だ。
俺の人間性とは所詮こんなものなのか。

落胆をしても、何をしているんだと思っても、のた打ち回る程苦しくは無い。
冷静に、自警団と病院へ向かっている。
その自分の姿を思いながら、どうせ世の中こんなものだ、これでも別に良いのだと、諦めの感情が湧いた。

そして、嘘のツケは回ってくるかも知れない。
もし、そのツケをどのような形でか払わざるを得なくなったら…。
俺はそれから逃げずに居られるのだろうか。



お相手頂いたキャラクター… ジェイ

拍手

PR

2012/03/26 ユベルティ Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

カレンダー
 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 
 
プロフィール
 
HN:
都一郎P
性別:
非公開
自己紹介:
PはPLのP、プロデューサーのP。
カタルシス信者。キャラに苦難?ご褒美です。
キャラに属性やキーワードを持たせる事が下手、発想が貧困、皆様のネタで生かされています。
 
 
最新記事
 
(04/01)
(07/05)
(07/01)
(12/18)
(11/08)
 
 
カテゴリー
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
最新コメント
 
[07/05 マッハ竜人PL]
[04/08 都一郎P]
[04/03 アイニィのなんか]
[04/02 またたたたび]
[04/02 吸血鬼(もどき)]
 
 
アーカイブ
 
 
 
リンク
 
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
アクセス解析