忍者ブログ

09/03 六花の神殿にて

 年中一定の雪の降っている神殿。
ティルカニアの話で来るのが先かと思っていたが、偶然依頼があり訪れる事となった。
依頼自体は簡単なもので、特筆すべき事も無かったが。
気温は高いと謂えど、雪は冷たいもので。降られっぱなしも寒かったので休憩しようと、神殿を訪れた。


 そこに居たのはロイアリスというエルフ(見た目は12歳くらいだけれど、千年単位で生きているらしい。驚きだ)祭りの日、裸足で歩いていたあの子だ。

千年の時を生きると言って仙人のようであったり(誰もが千年生きれば仙人のようになる分けではないと思うが、それでもロイアリスさんはそれなりに幼く感じるところもある)しないのは、長い間閉ざされた生活をしており、最近になって街へ出るようになったからのようだ。

 人ごみに流されながら(最終的には抱っこして貰ったらしい)買った黒のハイヒール。
歩きなれない内からハイヒールなんて!と思ってしまうのは、やはり悪い癖か。

歩けと言いたくない、言ってはいけない事では無いのだけれど、恐ろしい。

それをさて置いても、やはり色合いはドレスに合って似合っていると思った。
自分の美的感覚も、及第点にはあるのだろうか。いや、自明の事柄を言い当てただけかも知れない。


 ロイアリスさんの昔の話を聞かせてもらった。

もっと早く、訊いても良かったのだろうけれど。
どうにも過去の事を聞くのを躊躇ってしまって、半ば破れかぶれに問い掛けて。
踏み込むこと、分を守ること、どうしたら上手に出来るだろう。
今日も試行錯誤。


 ロイアリスさんの長い生にとって、18歳のとき、というのは大きな転機だったようだ。
炎に包まれた過去。
そんな昔の事を俺に責められる筈も無い。そんな事が出来るのは、当時の者達だけ。いや、何年前であっても同じ。

彼女の話し振りから、長い時を森で過ごしている間に、そのときの事を乗り越えているように感じた。

 そして今、再びそのときのような転機、変革が起ころうとしているという。
森を出て人と接すること。
きっと大きな変化、ロイアリスさんの不変の多くを破壊して、再生させるかもしれない。
それは18のときのように、彼女が齎すのか、誰かによって齎されるのか。

どちらにしても、今度は、その変化の後で森に隠れて暮らすようにならなければ良いなと思う。




お相手頂いたキャラクター… ロイアリス

拍手

PR

2011/09/04 ユベルティ Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 
 
プロフィール
 
HN:
都一郎P
性別:
非公開
自己紹介:
PはPLのP、プロデューサーのP。
カタルシス信者。キャラに苦難?ご褒美です。
キャラに属性やキーワードを持たせる事が下手、発想が貧困、皆様のネタで生かされています。
 
 
最新記事
 
(04/01)
(07/05)
(07/01)
(12/18)
(11/08)
 
 
カテゴリー
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
最新コメント
 
[07/05 マッハ竜人PL]
[04/08 都一郎P]
[04/03 アイニィのなんか]
[04/02 またたたたび]
[04/02 吸血鬼(もどき)]
 
 
アーカイブ
 
 
 
リンク
 
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
アクセス解析